二日酔い

二日酔いの原因を考える

毎日のお酒三昧の日々。

 

飲み過ぎが身体に悪いとはわかっていても
飲むことも仕事のうちという場合もあるでしょう。

 

次の日に二日酔いになって後悔する前に
二日酔いの原因をしっかりと理解して対策をしておきましょう。

 

二日酔いになる原因は体内にアセトアルデヒドが
残っていることで、血液と一緒に全身に巡ってしまい
身体がだるくなってしまいます。

 

これが「二日酔い」状態です。

 

本来はアルコールを肝臓で分解するはずが
お酒が体内に入ってくる量と体内で分解できる量の
均衡が崩れてしまいアセトアルデヒドが分解しきれないわけです。

 

この事実さえわかれば二日酔いを
上手に避ける方法はいろいろあることがわかりますよね。

 

翌朝の二日酔いを防げるように以下に予防法をピックアップしてみました。

 

 

・自分の酒量を知る

 

前後不覚になるくらいに飲むようなことがないように。

 

一般にはビール1〜2本、日本酒は2合くらいが適量といわれています。

 

 

・お酒よりつまみをメインにする

 

つまみも肉より魚、魚より野菜とカロリーの少なめなものを。

 

お酒よりつまみをメインにするくらいでちょうどいいでしょう。

 

 

・時間をかけて飲酒する

 

ちょびちょび飲むというのも手です。

 

結果として少ない量で満足できます。

 

 

・休肝日を必ずつくる

 

肝臓を強くするためには
週に2日は肝臓を休める日がほしいです。

 

食事も軽めにして胃や腸に優しい物を食べましょう。

 

 

・サプリなどで補う

 

コンビニ等で手頃な価格で
市販のサプリで消費したビタミン、ミネラルを補えます。

 

ただしそればかりに頼り過ぎないようにしましょう。

 

 

スルスル酵素はお得なキャンペーンを実施中です。

 

 

楽しく飲酒するためにも
あらかじめ予防対策をしておきましょう。

二日酔いを酵素で撃退!

二日酔いを酵素で治せるということを知っていましたか?

 

酵素って聞くとダイエットばかり思い浮かぶでしょうが、
酵素の効果の中にはアルコール分解を助ける働きがあります。

 

そもそも酵素は消化・吸収を促すために存在するもので、
肝臓の働きを促進しアルコールを素早く水と炭酸にしてくれます。

 

そして水と炭酸が素早く体外に排出されることで、
アセトアルデヒドが全身に回ることもなくなり
結果として「二日酔い」ということもなくなります。

 

 

●酵素を飲むことと合わせてやっておきたい方法

 

・水をたくさん飲むこと

 

水分を摂ると当然ながら排出をするために尿意を催します。

 

尿としてアルコール成分が排出されることで
より一層二日酔いを防ぐことができます。

 

 

・ビタミンやミネラルを摂ること

 

飲酒は大量のビタミン、ミネラルを消費します。

 

一時的にはそれほどに問題はないかもしれませんが、
長い間の蓄積によってある日突然重い病に倒れることもあります。

 

そうならないように朝食やサプリなどで
きちんと栄養を摂っておきましょう。

 

 

・肝臓の機能の強化と保護

 

アルコールを飲めば普段より肝臓に負担がかかってしまいます。

 

飲まないという選択肢がない場合は
肝臓を休めたり、肝臓にいいとされる食べ物、
特にアミノ酸系のものをたくさん摂っておきましょう。